中央大学から世界へ!の日記

人間は己の才能を活かし、役割を果たすために生まれてきた。 世界には、きみ以外には誰も歩むことのできない唯一の道がある。その道はどこに行き着くのかと問うてはならない。 ひたすら進め。

人間関係の基本

たまには、こういう人生訓みたいな記事も書いてみようかな。

人間関係の基本は【誠実さ】であると思います。【思いやり】と言ってもいいかな。要するに、相手のことを大事にするってことですね。

よく

【自分がされて嫌なことは人にしない】

と言いますが、この言葉は正しいです。これは意識した方がいいですね。

また

【自分がされて嬉しいことは他人にもしよう】

みたいな言葉もありますが、これはちょっと注意が必要です。なぜなら、自分がされて嬉しいことでも、相手は迷惑に感じることがあるから。相手の様子を見て、嬉しそうだったら続ければいいし、不愉快そうだったらやめましょう。

俺の大学生時代に、街で高校のツレに2年ぶりに会って、そいつが高校時代より明らかに太っていたから、俺は素直に【太った?】って言ったわけよ。で、その一ヶ月後くらいに、またそいつに会った時に、そいつが俺に対して話の脈絡なんて何も関係なく急に【太った?】と言ってきたのよ。俺は太ってなかったのに。
で、俺は、【ああ、俺が以前こいつに太った?って言ったことを不愉快に感じてたんだなぁ】と感じた次第でした。俺自身は太った?って言われても何とも思わないからね。

ちなみに、女には基本的に
【太った?】って言わない方がいいです。彼女達のスタイルに対するこだわりは男性の比ではないですから。

そして、自分が不愉快だと思ったら、ちゃんと相手に不愉快だと伝えること。人間は基本的に言葉にしないと分からない。言ってもらわないと人の気持ちが分からない人間は多いです。特に、今の時代は無機質なフランケンシュタインみたいな人間が多いのでちゃんと伝えましょう。

そして、本人の力でどうしようもないことは言わないこと。これは言った方が悪いです。具体的に言えば、

・顔のこと
・身長のこと
・親、祖父母、兄弟姉妹、親戚のこと
・生まれ落ちた場所のこと
・片親であること
・愛人の子供であること
・生まれつきの病気のこと
・生まれつきの病気の跡のこと
・生まれた後の病気のこと
・生まれた後の病気の跡のこと
・生まれた後の怪我の跡のこと
・仕方のない体質のこと
・宗教のこと

こういうことは基本的に言わないこと。これは言った方が悪い。
そして、こういう自分の力でどうしようもないことを言われたら、ちゃんと怒ること。人間は怒る時にちゃんと怒らないとダメよ。

こういうことを言うと、お笑い芸人は、本人の力でどうしようもないことについて悪く言って笑わせているじゃないかという人達がいますが、それは思考が浅い。
お笑いというのは毒と一体になっている場合が多い。笑いを取るためにどうしても毒が必要な場合が多いから芸人達は毒を吐くわけです。

また、その毒を吐くには資格が必要です。
どっかの記事に書いたけど、
・笑いの才能がある
・笑いの基本を知っている
・人柄がいい

この3つを満たしている人間だけが上記の毒を吐く権利がある。

よく、
【型がある人間がやれば型破りになる。型がない人間がやると型無しだ】
と言います。

上記の3つの条件を満たしている人は型破りの人間です。だから、毒を吐いて笑いが起こってもネタにされた人や聴衆を不愉快な思いにさせないのです。誰もがこの芸人には毒を吐く資格があると潜在的に分かっているから。

笑いの才能もなければ、笑いの基本も知らない、病的に性格の悪い奴がたまにお笑い芸人の真似をして、毒を吐いて場の雰囲気を暗くしたりつまらなくしたりするでしょう。あれが型無しです。みなさんは、こういうカスにならないようにしましょう。

そして、仕事関連以外の人間関係では、相手の鏡になることが大事です。相手の性格に合わせること。

・誠実に接してくれる人には誠実に接しましょう。
・ぞんざいで無礼な奴には、ぞんざい、かつ無礼に接しましょう。

ぞんざいで無礼な奴にずっと誠実に接していると付け上がるからね。
みなさんの周りにもそんなクズがいるでしょう。ガキに多いけどね。大人でも精神年齢の低い奴に多い。

余談だけど、リーダーになったら鬼になること。優しいというのは厳しいってことだから。組織として優秀な成績を挙げているチームは必ずと言っていいほどリーダーが厳しい。高校スポーツの名門校の監督なんて鬼だらけでしょ?自分の仕事に情熱を持ち、愛情を持って叱れば相手や部下はきっと分かってくれます。

ちなみに、俺は仕事関係以外の人達は、好きな人以外会いません。付き合いが悪いと言われても知ったこっちゃない。貴重な時間を嫌いな奴と過ごす意味が分からない。

俺はこういう人間ですd( ̄  ̄)

以上が俺の人間関係の基本でした。