中央大学から世界へ!の日記

人間は己の才能を活かし、役割を果たすために生まれてきた。 世界には、きみ以外には誰も歩むことのできない唯一の道がある。その道はどこに行き着くのかと問うてはならない。 ひたすら進め。

学員時報

ふむ、よかった😋

『法学部都心移転着工、燃えよ中央!』

前文と後文の因果関係が若干おかしいと思うが、まあいいか。

日本六大学

『東・京・橋・早・慶・中』

の記事は本当にそうだよね。

『中・東・京・橋・早・慶』

この方が読みやすいな。母校が一番前になくてはならん。

中東戦争で周知性がある。
早慶は言わずもがな。
大阪に京橋って駅がある(笑)

『中・東・一・京・早・慶』

の方がいいのかな?

でも一橋は『橋』の方がいい気がする。

中央大学と私】

で、諸先輩方や現役生の母校愛を綴った思い出の雑感も良かったね。駿河台世代、多摩世代、駿河多摩世代から盛りだくさんの随想だった。当時の息吹を感じれて何かホッコリ😆

次回は【都心回帰する法学部に期待を寄せる】みたいな投稿だね。
今度の学員時報も待ち遠しい❗

『学員時報』より『楽員時報』の方がいいかな?でも、ありきたりだし安っぽくなるか。

『科学』が『科楽』

『数学』が『数楽』

何でもありになっちゃう(^^)d