中央大学から世界へ!の日記

人間は己の才能を活かし、役割を果たすために生まれてきた。 世界には、きみ以外には誰も歩むことのできない唯一の道がある。その道はどこに行き着くのかと問うてはならない。 ひたすら進め。

日大アメフト問題

ちょっと騒ぎすぎな気がする。もっと問題にすべきことは多々あるだろ。

大関係者もまさかここまで大きな問題になるとは思わなかっただろうなぁ。

社会の問題は、マスコミのさじ加減でデカくもなるし、小さくもなる。

マスコミは反権力じゃなく、権力そのものだからな。

しかもネット社会だから、情報の浸透性も尋常じゃなく速い。

日大アメフト問題に一番安堵しているのは安倍総理だろうね。モリカケ問題から見事にシフトしてる。羽生君の国民栄誉賞授与でさらに問題を濁した。長嶋さんや松井さんもそうだけど、なんかアスリートの功績が政治に利用されているようで嫌だ。

アメフト問題に話を戻すけど、以前はアメフトに限らず、サッカーでも、野球でも、ラグビーでも、バスケでも、柔道でも大なり小なりああいう程度を逸脱したラフプレーはどこにでもあった。

監督やコーチや先輩は、選手や下級生にとって絶対服従の神様みたいな存在だから。

ラフプレーをした日大の選手の気持ちも分かる。また、監督世代の常軌を逸した思考も分かるんだよね。俺が師事した監督なんて理不尽の嵐だったもん。もちろん暴力も普通にあったしね。というか、昔の運動部出身の年輩の方から見たら【ここまで騒ぐことなのか?】と思ってる人も多いでしょう。

社会の問題というのはよく分からんし、本当に難しいよね。

昔は容認されていたことが今はダメ。小さい問題でもマスコミの意向でデカくなる。
これだけネットやSNSが発達していれば、内部の事情なんてほとんど筒抜けだから、問題が起これば膿なんてどんどん出てくるに決まっている。

で、あれよあれよという間に悪影響は波及し、数多の関係者がA級戦犯に仕立て上げられるわけだ。日大は見事なまでにマスコミのスケープゴートにされているよなぁ。

来年の志願者数にも影響するだろう。ましてや、日本一の学生数を誇る日本大学。志願者激減は痛いだろな。

で、日大志望を外した受験生は他大学へと志願先を変える。てことは、東洋、駒沢、専修や、その他の偏差値の卑近な大学の志願者が増えるってことだ。だから、大学は不祥事をこの上なく嫌うんだよな。生活がかかってるから。

他大の入試課の人達で、今回の日大の不祥事を喜んでいる人達は多いかもね。人間は基本的に【人の不幸は密の味。人の幸せ癪の種】だもん。

それにしても、マスコミの餌食になった人達って気の毒。事実確認をせず、勝手に誤報を拡散しといて、本人が不利益を被って人生が破滅しても何ら責任を取らない出版社も多いから。

テレビがその出版社の編集長と対談してたけど、顔出しNGのガラス張りでの質疑応答だったもんね。

数多の有識者が出版社の編集長に対談を申し込んだけど、全て断られたとのこと。

顔をさらしたら大衆の袋叩きにあって、人生がめちゃくちゃになるのが分かっているから断るのだろう。

芸能人や有名人の人生を狂わせといて、自分の人生がおかしくなるのは嫌。それこそ家族にも被害が及ぶから。

まあ、人間は基本的に自分さえよければいい、自分だけは許されると思って生まれてくるからね。

普通は、教育や他者との摩擦でルールやマナーを守ることの必要性を理解するんだけど、ずっと自分勝手で大人になる奴もわんさかいるからね。人間関係の基本は【思いやり】。だから、自分勝手というのは嫌われるんだ。

現代は、度し難い連中が多いからな。

今の人って無能なくせに自分は優秀だと思ってる人の割合が昔に比べて本当に多い。

また、サイコパスナルシシズムも昔に比べて本当に多い。

まともな人間はマジで大変。

負けたらあかんよ♪

アイスとカヌレを食べながら映画見て寝るか。

明日からまた頑張りましょー!