中央大学から世界へ!の日記

人間は己の才能を活かし、役割を果たすために生まれてきた。 世界には、きみ以外には誰も歩むことのできない唯一の道がある。その道はどこに行き着くのかと問うてはならない。 ひたすら進め。

羽生善治 名言

【何かに挑戦したら確実に報われるのであれば、誰でも必ず挑戦するだろう。報われないかもしれないところで、同じ情熱、気力、モチベーションをもって継続しているのは非常に大変なことであり、私は、それこそが才能だと思っている】

 

これも真理だよね。どっかの記事に


【成功や合格が確約された努力などない。だが、努力をすることで成功や合格に近づくのは真理だ。だから、叶えたい夢があるならば努力を継続するしかない】


みたいなこと書いたけど、内容はほぼ同じ。まあ、俺みたいなアホの言うことなんて信じなくていいから、羽生善治さんの言うことを信じましょう。


あと、努力というのは考えてやることね。漠然と努力をしないこと。自身で考えもせずにする努力は不誠実な努力だからね。それは、努力とは言わない。


ユングの言葉に


【ある人に合う靴も、別の人には窮屈なものである。あらゆるケースに適用する人生の秘訣などない】


とある。人間なんて千差万別なんだから、勉強の仕方も人それぞれです。普遍性のある勉強はいいけど、個別性のある勉強はちゃんと自分で考えること。


で、あなたに合う勉強方法は


【自分に力がついていることが実感できて、具体的に点数が伸びているやり方】


これがあなたに合う勉強方法です。


コピーとオリジナルの両輪で進んでいくこと。


勉強を進めながら自分に合った方法へと試行錯誤を繰り返す。


これがベストだと思います。


よく勉強には【迷わないことが大事】と言いますが、明らかに合わないと思ったら方向転換することも大事だからね。


だって


【力がついている実感がなくて、点数が伸びていない】


だったら変えるべきでしょう。


まあ、見極めが難しいのも分かります。また、真面目な人ほど方向転換するのを嫌うのも分かります。


試験ってのは、ほんと厄介だよなぁ。