中央大学から世界へ!の日記

人間は己の才能を活かし、役割を果たすために生まれてきた。 世界には、きみ以外には誰も歩むことのできない唯一の道がある。その道はどこに行き着くのかと問うてはならない。 ひたすら進め。

スポーツ強豪校、一般入学の生徒が部活で門前払いされる是非

 

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190131-00000003-moneypost-bus_all

これはどうなんだろうね。
個人的にはスポーツ推薦や特待生は賛成。
勉強と違ってスポーツは基本的に努力で何とかなる範囲を超えているから。

よく【スポーツは頭だ!考える力が大事だ!】というけど、頭が良くて、考える力があってもそれを体現する身体能力がないと意味ないもんね。

その証拠に、超進学校と言われる学校の運動部で継続的に全国大会に出場する高校なんて一つもない。

また、スポーツ脳という頭脳もあるから。スポーツ偏差値ってやつ。感覚がすこぶる優れてる選手っているでしょう。あれのこと。

我が校は、スポーツ推薦や特待生は一人もおりません。全ての選手が一般受験の生徒達です。それでいて、全国大会に何度も出場しています。

そんなとこないもん。

ごくごくごくたまに出るか、参加校が少ない県でたまに出るだけでしょう?

そんなチームが全国大会で通用するのか?もちろん通用するわけがない。

・アホでも身体能力に恵まれている。
・勝ち慣れしているから勝ち方を知っている。
・努力することの重要性が身体に染み込んでいる。
・強靭な肉体を保持しているからすぐに諦めないし忍耐力もある。

頭脳だけで身体能力のない子達がこういう選手達に勝てるの?

高校時代、試合のために1.5キロくらい離れた高校まで徒歩で出かけてたら、一般受験のチームメイトが真夏の炎天下だったせいか対戦相手の高校に着いた時、熱中症になって体育館で寝込んでしまったことがある。

ありえんだろ?(笑)

いかなる場合にも例外はあるから、例外を基準にして論じても意味はない。

一般受験の生徒達や学生達だけのチームが何度も全国大会に出場している。その上、その中学・高校・大学が全国制覇を何度か経験している。

これだけの実績があって初めて議論の俎上に載せることができる。議論する価値があるのはせいぜい7:3が限度。最大限譲歩しても8:2まで。

この箱根駅伝のケースは9.9:0.1くらいの開きがある。

東大なんて論外じゃんよ。

また、才能のある選手の方が指導者もやりがいがあるし楽なんだよね。