中央大学から世界へ!の日記

人間は己の才能を活かし、役割を果たすために生まれてきた。 世界には、きみ以外には誰も歩むことのできない唯一の道がある。その道はどこに行き着くのかと問うてはならない。 ひたすら進め。

中央大学に進学できるのは、全て附属のみにするってのはどう?

 

中大は一般入試、指定校推薦、公募推薦、AO入試を廃止して(スポーツ推薦は例外)、全て附属からのエスカレーター式にした方がいいのではないかと最近、思っちゃった。

大学が欲しい学生は、
・中大に満足している学生
・中大が欲する資質を備えた学生

だよね。

こうなれば、中大を第二志望、第三志望で入学する学生がいなくなる。

指定校推薦、公募推薦、AOも、なんだかんだでランクがあるしね。

大学にとって一番迷惑なのは、不本意入学者。こいつらを排除することが何より先決だし、全てを附属にすれば不本意入学者を0にすることができる。

もちろん、中学受験、高校受験にもランクがある。

だが、中央大学が、司法試験、公認会計士試験の合格者数でずっとトップに立ち続けている。国家公務員総合職試験で私立大学トップに立ち続けている。年々、国総試験の合格者数でトップの東大に迫っている。民間就職や財界実績も年々早慶に肉薄している。

こうなれば、コンプレックスなんて感じないよね。

人間は【楽をして得をしたい】と思うのがその本質。

要するに、一般受験などせずに、【附属からのエスカレーター式で楽して大学に入学したのに、大学の社会実績が全てにトップ!超ラッキー!】と思わせることが肝心なわけだ。

楽して入学した大学が、
・司法試験合格者数トップ
公認会計士試験合格者数トップ
・国家公務員総合職試験私立大学トップ
・民間就職実績も年々早慶に肉薄している

これだったら、とんでもなく得でしょ?

【東大みたいに5教科7科目の入試を受験しないのに、楽してこんな得な大学に入っちゃった!】

その上、

・附属からの気心の知れた同級生もいっぱいいる。
・学歴コンプレックス皆無。
・現役のみになるから、いろんな規律や学則を浸透させやすいし、同じクラスに年上や年下がいないことになるから何かとやりやすい。
・受験に疲れてないから勉強パワー満タン
・みんな満足して入学するからキャンパスの雰囲気も良好。
・附属は資産家の子息子女が多いから寄付金も多くなる。

大学が欲しい学生の資質は中高6年間で醸成させればいいじゃないの。

附属の連中が一番キャラクターが濃いから、カラーも醸成できる。

慶應のイメージは幼稚舎からのボンボンが作り上げている。

だったら、中大もそうすりゃいいだけだ。

もちろん、そのカラーは俺考案のロイヤリストが最高だ。
https://ameblo.jp/rtyuiopkjhgfd/entry-12249261659.html

今の形態で大学カラーを醸成するのは、ちょっと難しい。

新たな附属は、俺考案で多摩キャンパスに作る

中央大学附属初等院
中央大学附属中等院
中央大学附属高等院

以外は中高一貫校にすること。やはり中学受験しないと学力は担保できない。それに、中学受験をしている子は学問的センスのある子が明らかに多いからね。高校受験も多いけど。

大学合格者で一番質が悪いのは、数学なしの英・国・社の文系3教科の受験生。しかも何ら素養のないバカ高校から恐ろしいまでの丸暗記でたまたま合格してしまったというタイプ。こういう学生が一番質が悪い。ちなみに俺みたいなタイプね(^^)自戒を込めて(笑)

附属中高の新設は、都内と神奈川はもういらないから、あとは、札幌、宮城、新潟、秋田、千葉、愛知、神戸、広島、福岡、鹿児島あたりに作
ればいいじゃない。

一学年約300人として、4200人。あとはこのアドに書いたように国外で定員を充足させればいい。
http://3030miwachan.blog.fc2.com/blog-entry-58.html?sp

世界の70億の人口を活かさない手はない。既述したように、資産家の子息子女をなるべぬ優先的に合格させることが大事だ。寄付金の桁が違ってくる。

とりあえず、9月入学問題は置いといて(笑)

そして、国内に作る新たな附属は、

中央大学附属札幌校
中央大学附属宮城校
中央大学附属千葉校

とかしないこと。

新潟、秋田、千葉、愛知、神戸、広島、福岡、鹿児島も同様。

中央大学附属紅蘭高等院】
中央大学附属横浜高等院】

のように、全てにカッコ良く、オシャレな名称にすることが大事。

安易に地名をつけないこと。横浜はカッコいいからOKだ。

こうなれば、今よりも断然、中央大学は良くなると思う。

大学に入学した学生で何より良くないのは、不本意で入学したことをいつまでも引きずっている奴だ。
こういう学生は、本人にとっても、大学にとっても、周りにとっても良くない。

その理由は【やる気が出ない】ことで、自分にも大学にも周りにも害悪を与えてしまうから。

なるべく、こういうカスは排除した方がいい。いや、絶対に駆除した方がいい。

それでこういうアイデアを考えついたのでアップしてみました。

まあ、極端な意見だし、法律的にどうなのか知らんけど(笑)

とにかく、大学は全ての学生が中大に満足して入学するように工夫することが大事だ。そんなの無理などと言わずに絶対に成し遂げようと精進することが大切。

中大生の完璧な幸せを絶えず希求すること。

この信念が全てに優先すべき至上命題だ。

もちろん、中高は全く勉強しなくていいというわけではない。基準点に達しない生徒はどんどん留年させた方がいい。大学にしたって欧米の超一流大学並に死ぬほど勉強させて、卒業を厳しくすることが何より重要。

こうなれば、下らない偏差値競争から脱却できて、社会実績のみがその大学の評価基準になる。
大学に満足しており、学問的センスのある学生が努力を継続するわけだから、必ず社会実績は今以上に飛躍するはずだ。

どうでっしゃろ?

追伸:スポーツ推薦はOK。何度も既述したように、彼ら彼女らは学歴コンプレックスなんてないからね。
中大スポーツをどんどん盛り上げるためにも、優秀な選手はじゃんじゃん合格させましょう!小賢しい一般受験生よりも、スポーツ推薦の学生達の方が中大にとってはるかにプラスになる♬