中央大学から世界へ!の日記

人間は己の才能を活かし、役割を果たすために生まれてきた。 世界には、きみ以外には誰も歩むことのできない唯一の道がある。その道はどこに行き着くのかと問うてはならない。 ひたすら進め。

これも何とかならんものだろうか?

 

大学野球というのは愛校心を養うのに最高のコンテンツ。その最高のコンテンツを平日開催にして、大学関係者やファンの足を遠ざけるなんて至極もったいないよね。土日開催にすれば、在学生が応援に来ることが可能だ。

神宮球場には六大学優先という使用上の制約がある。だから、東都大学野球連盟の各大学が協力し合って、交通至便の球場を借りて土日開催にする事が大事だ。

座席数が少ないなら、各大学が資金を出し合って内外野に座席数を増やしたらいい。

例えば、神宮第二球場を本拠地にして改修するとか、大田スタジアムを本拠地にして改修するとかしたらいいだけだ。

これは、どう考えても実行すべきことだと思う。運営側にとっても東都大学側にとってもWinWinの関係にある。これだけ長い間、放置している意味が分からない。

東都大学野球連盟の各大学で「新東京六大学野球リーグ」を作り、現行通り入れ替え戦をやれば盛り上がるし、六大学野球との交流戦もやればもっと盛り上がる。これはぜひとも実現すべきことだと思う。

東都大学野球リーグで、一番観客が多いのは中央だそうだ。それだけ母校を愛している仲間が多いってことだし、頑張って欲しいと思っている証拠でしょう。

大学愛を醸成するためには最高のコンテンツである野球に、中大に限らず、東都大学野球リーグの他大学も、どうしてこれほどまでに手を付けないのかが分からない。
このアイデアは即刻、東都大学野球連盟の各大学のトップに実践して欲しいよね。

立教でこれだけの観客を集められるのだから、中央だったらもっと観客を集められる。
https://m.youtube.com/watch?v=EvbOeBmCO-k

チアリーディングやブラスバンドのみなさんも土日開催でお客さんが多い方がやりがいもあるでしょう。

チアリーディングの衣装も、もっと工夫した方が良い。そうした方がもっと良くなるはずだ。
チアリーディングの衣装は、大概どこの大学も似たようベストにスカートかホットパンツだ。
それでは他大学と差別化を図れない。インパクトに欠けるし、注目を集める事ができない。

チアリーディングの大会のユニフォームは恐らく規定があるので変えられないだろうが、試合の応援でも同じユニフォームを踏襲することはないと思う(試合の応援はユニフォームに規定なんてないよね?)。

大学の魅力をアピールするためにも、以下の5つの条件を満たしたユニフォームにするべきだと思う。
差別化を図ることで注目を集めることができるからだ。
・カッコいい
・オシャレ
・セクシー
・中大らしい
吹奏楽団の衣装とのバランスがよい

この5つを満たすことが肝心だ。

チアのユニフォームは、よく可愛さに走る人が多いが、可愛さはありきたりすぎるし、巷に溢れすぎているのでダメだ。

また、セクシーで大人な大学生をアピールしないとね。大人というのは、かっこ良くオシャレでセクシーじゃなければならない。

大関係者に募集をかければ、カッコいいユニフォームデザインを考えてくれるだろう。

試合用のオリジナルダンスみたいのがあっても面白いよね。

ユニフォームにもダンスにも変化があるから楽しくて面白いわけだし。

また、自分達は他大学より一歩先に行っている。そのような自信や優越感をチアリーディングの学生達に持ってもらうことも大切だ。

盗撮するような奴がいたら、仲間全員でフルボッコにしてやればいい(笑)

このサッカーのスペイン代表ユニフォームをチアリーディングのユニフォームに活かすのもいいかも。

ホース・ガーズを模した中大吹奏楽団とのバランスも考えて欲しいね。

サッカーのユニフォームや吹奏楽団の衣装とのバランスを考えて、チアリーディングの個性が引き立つようなユニフォームデザインが良いと思う。

大学のカラーが白や藍色だからと言って、全てをそのカラーに合わせることなんてないよ。中大がいかにカッコ良く、いかにオシャレに、いかに良い印象を持ってもらえるかを考えたユニフォームデザインにするべき。

モロカブりさせて個性を埋没させるようなデザインにだけはしないことだ。

繰り返すが、デザインは中大関係者からアイデアを募集したらいいと思う。きっと素晴らしいデザインが殺到するだろう

とにもかくにも中大の未来のためにも「新東京六大学野球」は発足して欲しいね。