中央大学から世界へ!の日記

人間は己の才能を活かし、役割を果たすために生まれてきた。 世界には、きみ以外には誰も歩むことのできない唯一の道がある。その道はどこに行き着くのかと問うてはならない。 ひたすら進め。

学員時報を読んで

『数字でみる中央大学

これを大学ホームページに掲載しときゃいいのにね。ワンクリック、ワンタップで中央大学の社会実績が解る。
ライバル大学と比べてどれだけ実績が優れているかが一目瞭然で分かるってのがアピールとして何より肝心なこと。

人間は比較対象することで価値を見出だす生き物だからね。

公認会計士試験の合格者数も、経理研究所からの合格者数も、司法試験の合格者数も、国総試験の合格者数も、その他の価値ある中央大の結果(数字)は、全部ワンクリック&ワンタップで一発で判るようにしとかないと。

何でもかんでも遠慮しすぎなんだよ。この大学は図々しくなるくらいで丁度いい。

確か前回の号で『中央大学都心回帰するに当たってのコメントを募集』みたいのがあった気がしたけど、なかったね。あった?
卒業生からの往年のラブレターみたいのがそれ?メッセージカードみたいのに2~30人のOBGが記述してたやつ。でも、あれはこのタイトルと符号してないもんね。

まあ、いいか。

個人的には卒業生の方の『学恩』という言葉にシビれました。この言葉いただきます❗

がくおん
【学恩】学問の上で受けた恩義。

 「師の―に謝する」

ふむ、素晴らしい❗