中央大学から世界へ!の日記

人間は己の才能を活かし、役割を果たすために生まれてきた。 世界には、きみ以外には誰も歩むことのできない唯一の道がある。その道はどこに行き着くのかと問うてはならない。 ひたすら進め。

勉強合宿

 

どっかの記事に書いたけど、勉強合宿って絶対意味ねーだろ。わざわざ金かけて、遠出して勉強することに何の意味があんの?

運動部はわかる。全国津々浦々の強豪チームと試合することで得るものは多いから。実践により感じることが何より勉強になるからね。映像で理解するには限界があるから。

吹奏楽部とかもわかる。俺は門外漢だけど、全国津々浦々の名門吹奏楽部の演奏を生で聴くことが何より理解につながるんでしょ?吹奏楽部の聖地みたいなホールで演奏することでいろいろ得るものもあるでしょう。刺激だったり、音の反響とか、場馴れとか、その他諸々、意味のあるインプットやアウトプットができるんだと思う。

その他の文化系の部活は知らんけど。

どう考えても、勉強合宿って意味ないだろ。苦学生もいるんだからその辺も考えてやんなきゃ。

あれだけの敷地があるんだから、大学はキャンパス内に合宿所つくってあげればいいのにね。もしくは体育連盟の合宿所を貸してもらうとか。

そういや、今度多摩キャンパス内に国際なんちゃら寮はじめ、いろいろ建築するんでしょ?そこを遣わせてもらえばいいじゃん。留学生との交流も活発にしないと。

合宿所では、他のゼミや他学部との交流もじゃんじゃんすればいいね。友達もいっぱい増えるってもんだ。学食も至近にあるし不足はない。

わざわざ金かけて、苦学生の気持ちも考えず、けっこうな金を使って遠出して勉強合宿をする。しかも面子はいつものゼミ員のみ。

個人的には意味がわからないんだけど。

俺がおかしいの?(笑)