中央大学から世界へ!の日記

人間は己の才能を活かし、役割を果たすために生まれてきた。 世界には、きみ以外には誰も歩むことのできない唯一の道がある。その道はどこに行き着くのかと問うてはならない。 ひたすら進め。

お金の大学 両@リベ大学長 朝日新聞出版

間違いなく良書。

これこそ一家に一冊置いとくべき。

お金や社会の仕組みの盲点を分かりやすく説明してくれている。誰にとっても身近なものだから、絶対に読むべき本だと思う。

読んでて民間なんて嘘だらけで金儲けしてるなってのがよく分かる。

ただ、活字慣れしてない人にとっては、読むのがしんどいかもしれない。毎日10~20頁ずつ読むのがいいかも。熟読必至。

 

にしても、朝日新聞がこんな国民のためになる良書を出版するとは😅