中央大学から世界へ!の日記

人間は己の才能を活かし、役割を果たすために生まれてきた。 世界には、きみ以外には誰も歩むことのできない唯一の道がある。その道はどこに行き着くのかと問うてはならない。 ひたすら進め。

芥川龍之介だな。

日本の文豪を自分の中核に据えたいとずっと思っていて、日本の4大文豪【夏目漱石 芥川龍之介 太宰治 三島由紀夫

の作品をある程度読んだところ、芥川龍之介との相性が一番よく面白かった。

夏目漱石は、あまり興味を引かれなかった。

太宰治もなんかね。

三島由紀夫もあまり好きになれなかった。【卵】と【憂国】はよかったけど。【豊饒の海】なんて難しすぎて意味わからんかったもの。

芥川龍之介の全作品を読もう‼️

それにしても、文豪の語彙力、教養、レトリックの秀逸さって、半端ねぇ。現代作家と雲泥の差がある。古典になるわけだ。