頑張れ‼️Cガール‼️Cボーイ‼️の日記

人間は己の才能を活かし、役割を果たすために生まれてきた。 世界には、きみ以外には誰も歩むことのできない唯一の道がある。その道はどこに行き着くのかと問うてはならない。 ひたすら進め。

【箱根駅伝】早大、東海大、明大、日体大などシード落ち一覧…中大は名門復活6位、法大10位逆転滑り込み

https://news.yahoo.co.jp/articles/967efb6f63759690c247657e3f85201ccb07c0f4

 

箱根駅伝、中央大総合6位 10年ぶりシード権獲得、名門復活へ

https://news.yahoo.co.jp/articles/82dd9986ca3d73806bd6a1e6d314994c82c9223f

 

とりあえずシード権を獲得できて、よかったよかっただね😁これで来年は箱根に照準を合わせて効率的に練習できるから、今年以上の順位が期待できる。それに、仙台育英の中心選手の吉居君の弟さんはじめ、有力な選手たちも入学してくるらしいから。

 

来年と再来年は、なんか期待しちゃうね。

特に再来年の記念すべき100回大会で中央大学が総合優勝とかになれば、大学関係者が歓喜するだろうな❗

 

いつも思うけど、マスコミの予想って当てにならないよなぁ。選手の能力の紹介として、10000mを27~28分台とかよく言うけど、箱根駅伝区間の距離は18~23キロがほとんどだよね。10000mを能力の基準にするってどういうことなの?ましてや、トラックとロードでは状況が全然とは言わないまでも、かなり違うと思うけど。

 

それに、往路優勝とか復路優勝とか言うけど、総合優勝を目指す大会なんだから、往路や復路の優勝なんて意味がないだろ。

総合優勝は往復の合計タイム方式ってのもわかりづらい。単純に往路の1位のチームが復路をスタートし、2位のチームがタイム差の分を待機してからスタートすりゃいいだけなのにね。その後のチームも同じように。その方が選手にとってもファンにとってもわかりやすいし、熱狂できるでしょ❓️

往路2位、復路2位のチームが総合優勝❗って「なんで⁉️」て思う素人ファンは多いと思う。

10区でオリンピックのマラソンのようなデッドヒートを誰もが見たいよね?優勝するために追いつ追われつのデッドヒートを繰り返す。それが3~4チームあれば、それだけ選手もファンも茶の間のOBGも白熱するわけだから。

従来通りなら、例えば最後の10区のデッドヒートでA大学がゴールのテープを1位で切ったとしても、【往路の順位が4位なので総合3位です❗】ってなるわけでしょ?なんかズッコケるよね?【なんだそりゃ❗】って思うでしょ?ルールを知らない素人ファンは。

 

【最後の10区でゴールのテープを切ったチームが優勝❗】

 

ってした方が、絶対もっと盛り上がると思うけどなぁ。

 

走ってる選手達もいちいちタイムを確認しなくていいし(ペース配分の確認は除いて)、監督やコーチもあれだけ沿道から支持を出さなくてよくなると思うし。

 

これ絶対ルール改正した方がいいと思う。

競技によるけど、ルールは【わかりやすい、感覚的に誰もが理解できる】ってのが大事だからね。箱根駅伝のルールはもっと分かりやすくした方がいいような。

 

みなさんはどう思う❓️俺の認識が間違っていたらごめんピョン😅😅😅