中央大学から世界へ!の日記

人間は己の才能を活かし、役割を果たすために生まれてきた。 世界には、きみ以外には誰も歩むことのできない唯一の道がある。その道はどこに行き着くのかと問うてはならない。 ひたすら進め。

監督・栗山英樹の“功と罪” 大谷翔平の二刀流、中田翔の放出…若手の開花促す言葉も

https://news.yahoo.co.jp/articles/6019e63709e7719b53be58eee8f902b95ecfa8a0

マスコミは、したり顔で好き勝手に論評するけど、全てに完璧な指揮なんてあり得ないもんね。

 

指揮官はプレーヤーより大変。精神的な重圧が半端ないもの。

俺も部下時代に「上司なんて体力的に楽な立場でピーチクパーチク言ってりゃいいだけじゃねーかよ❗」って思ってたけど、いざ人の上に立つと、その大変さに愕然したわ(笑)

「うちの親はこんなに大変な思いをして養ってくれてたのか❗」と思って、その後、親に対する見る目が変わったもんなぁ。

 

リーダーの器じゃない人は、オファーや推薦や要望や命令があっても断ること。人間は適材適所。器じゃない人間にリーダーをやられても、部下は迷惑するだけ。自分という人間を緻密に分析し、自分の役割ではないことに対してはちゃんと断ること。