中央大学から世界へ!の日記

人間は己の才能を活かし、役割を果たすために生まれてきた。 世界には、きみ以外には誰も歩むことのできない唯一の道がある。その道はどこに行き着くのかと問うてはならない。 ひたすら進め。

投球ガラリと変わった大谷、四球減って「省エネ投球」…自身が変化を分析

https://news.yahoo.co.jp/articles/594de1667daa8d269162592c088e901e18072464

 

ダルビッシュも大谷君も、怪我をしてからは、怪我をしないように、投げるときの円の弧の長さを変えてるからね。

例えて言えば、壊すまではやり投げのような投げ方。怪我を経てからは弓を引くような投げ方。

やり投げは、スピードは出るが、壊しやすくコントロールが不安定になる。

弓投げは、スピードは若干落ちるが、壊れにくくコントロールが安定しやすくなる。

ダルビッシュも大谷君も、壊してから弓投げに変えた。

 

ストラスバーグなんてその好例。

怪我前。
https://youtu.be/CTN3rLIdg9A

怪我後。
https://youtu.be/xJpWcMPcbdQ

怪我してから、やり投げから弓投げに変えた。それで、ダルビッシュや大谷君同様復活した。

 

はっきり言って、この三者レベルのスピードボールがあれば、もうコントロール重視が当たり前。
全球スピードボールなど投げる必要などない。再びぶっ壊れるのが落ち。要所で投げれば十分。

ほぼ全て全力投球のヒックスもぶっ壊れたでしょ?
170キロの速球なんて100%必要ない。

人間の身体じゃもたない。

ピッチャーは、MAX160キロを投げれるなら、あとはもうコントロールと投球術に全神経を集中すべき。

160キロの才能があるのに、球速を求めてぶっ壊し続けるなんて、もったいなさすぎる。

というか、ただのアホ。