中央大学から世界へ!の日記

人間は己の才能を活かし、役割を果たすために生まれてきた。 世界には、きみ以外には誰も歩むことのできない唯一の道がある。その道はどこに行き着くのかと問うてはならない。 ひたすら進め。

松坂 今季限りで引退 日米170勝「平成の怪物」、古巣西武で頸椎手術から1年 右手しびれ抜けず

https://news.yahoo.co.jp/articles/0712960b4597d5e780060ebb7dd4ad36f7c5b60d

お疲れ様です。

30代以降はいろいろ批判されてたけど、ずっと怪我の影響が芳しくなかったんだろうね。

なんだかんだで、平成の怪物だし、野球界に残した軌跡は素晴らしい。

松坂大輔の功績はあえてここで記述するまでもない。

だが、あえて個人的に叙述するなら、野球界の人気の復活に最大限に寄与したことだと思う。

1990年代後半は、サッカーブームで野球人気に翳りがあった。そこに、平成の怪物、横浜高校松坂大輔が甲子園に救世主として現れたことで、野球界が再び盛り上がったんだよね。

 

以後、イチローメジャー、松井秀喜メジャー、WBC優勝、ハンカチ王子ブーム、WBC優勝。

その他諸々、野球界が盛り上がる事象が続いた。野茂英雄の功績もすごかった。

 

今後はどうすんだろ?

暫くは引く手あまただろうから、ゲストとしてテレビに出演しまくって、特集しまくりなんだろうな。

 

アスリートって、つくづく怪我の防止が最大の課題だよなぁ。怪我をせずにレベルアップを継続するって至難だもんね。

日ハムの五十幡君もせっかくレギュラーになりかけてたのに、怪我してチャンスを逸した。

 

一流アスリートの条件は、怪我をしないこと。これが第一義。

イチローは凄まじい。