中央大学から世界へ!の日記

人間は己の才能を活かし、役割を果たすために生まれてきた。 世界には、きみ以外には誰も歩むことのできない唯一の道がある。その道はどこに行き着くのかと問うてはならない。 ひたすら進め。

「球速を心配するのはやめよう!」エンジェルス専門メディアが大谷翔平への“懸念材料”を一蹴!「彼の良い内容を…」

https://news.yahoo.co.jp/articles/f68da1bf64036b71e43397be54560f778b6f9e4e

160キロは投げようと思えばいつでも投げられる。

 

力を抑えているのは、

 

・コントロールを重視しているため

・フォアボールを出さないため

・160キロを出さなくとも抑えることができるのがわかったため

・怪我の予防

・過去二回のフルマックスの投球で肘を壊しているため

・無理をせず肘の患部を腕に馴染ませるため

・フルシーズンやり通すには、余力を残した投球が必要だと分かっているため

 

こんなところだろう。

 

要所では160キロ近くを投げている。

 

投げようと思えば投げられるけど、上記の理由で意識的に投げていないだけ。投球術を体得したというか、投球のメリハリを会得したんだろう。

 

何も心配することはない。

登板の度に、全球全力投球の方が10倍心配。