中央大学から世界へ!の日記

人間は己の才能を活かし、役割を果たすために生まれてきた。 世界には、きみ以外には誰も歩むことのできない唯一の道がある。その道はどこに行き着くのかと問うてはならない。 ひたすら進め。

野良犬の値段 百田尚樹

60ページほどで読了。

嫌な予感が的中。

おもんない。マジおもんない。おもんないから読み進められない。

Amazonレビューで5つ星があんなにあるのに、こんなにおもんないって。まあ、サクラも多いだろうな。

百田尚樹はなんか石原慎太郎と重なる。

政治的発言や国家評論は素晴らしいのに、小説になると格段に面白くなくなる。なんなんだ、この落差は。

あんだけ売れる意味がわからない。

『野良犬の値段』以上の佳品のミステリーはいくらでもある。この本を読もうかどうか迷っている人は、時間の無駄だから読む必要ないと思う。どうしてもというなら図書館で充分。というか、本屋でパラ読みすれば購入するに値しないことが解るはず。

『永遠の0』にしたって、どう考えてもあそこまで売れる本じゃない。

セールスプロモーションって、やっぱりすごいのね。

出版は、駄作でも売れたら勝ちの世界だもんね。