中央大学から世界へ!の日記

人間は己の才能を活かし、役割を果たすために生まれてきた。 世界には、きみ以外には誰も歩むことのできない唯一の道がある。その道はどこに行き着くのかと問うてはならない。 ひたすら進め。

百田尚樹の日本国憲法

まあ、良書かな。

一時間ちょっとで読める。

百田さんの本で初めて通読できた。

極めてまともなことが書いてある。

何で憲法9条ってあんな解釈をこねくり回すんだろうね。解釈って屁理屈だからね。

国家の役割は、国民の生命・人権・財産を守ること。すべての判断はその真理に定位したものでなければならない。

 

・国家として独立する。

・自分の国は自分で守る。そのためには憲法国防軍を明記する。

・核を持つ。

・世界一の軍事力を保持する。

 

これらが当たり前のことだと思う。

 

今度は『野良犬の冒険』を読もう❗

嫌な予感がするが(笑)

『永遠の0』は、ホントに面白くなかった。

浅田次郎さんの小説のパクりらしいね。