中央大学から世界へ!の日記

人間は己の才能を活かし、役割を果たすために生まれてきた。 世界には、きみ以外には誰も歩むことのできない唯一の道がある。その道はどこに行き着くのかと問うてはならない。 ひたすら進め。

終戦記念日

8月15日に靖国参拝するのは当たり前。

 

偉大な先人達が、母国のために命を懸けて、金玉が縮み上がる思い、心臓が潰れるような思い、恋人や家族を失う思い、その他にもあらゆる至高の大義や恐怖に打ち勝ち、日本を守るために闘い散華していったわけだから。

 

海外との下らん政論に対する忖度なんてどうでもいいからね。日本の戦争が人道上、正しかったってことは、もう分かってるでしょ?

 

命を懸けて日本を守ってくれた先人達に、心から感謝の意を込めて手を合わせる。これは人間として当然のこと。

 

東京在住、近県在住の人達は靖国へ参拝すること。それができなければ、心の中で手を合わせましょう。