中央大学から世界へ!の日記

人間は己の才能を活かし、役割を果たすために生まれてきた。 世界には、きみ以外には誰も歩むことのできない唯一の道がある。その道はどこに行き着くのかと問うてはならない。 ひたすら進め。

【嫌われる勇気】【幸せになる勇気】アドラー

食わず嫌いでずっと読んでなかったけど、読了。

正直、よくわからんという感想。

あれだけ売れる意味もわからない。

でも、読んでよかったなと思う。

対話形式でわかりやすいし、また、世の中の人の大多数が当然と考えている【原因と結果の法則】で全てを考えないから、それを新鮮に感じさせたことで世間にウケたのかも。

 

プラトンの書物のように対話形式で書いてるから、インテリコンプレックスのある人達には哲学やってる!学問やってる!みたいな喚起を促すことができたのも吉とでたんじゃないかな?

 

【原因と結果の法則】は真理なのかしらん。

因果応報よりは真理だと思う。

ちなみに俺は因果応報には否定的。

たまたま悪いことがあれば【因果応報】って屁理屈言ってるだけだと思う。

さんざん悪事を働いて、良い思いして人生逃げ切れる悪人なんていっぱいいるからね。

すごく好い人なのに苦労だらけで生涯を終える人もいっぱいいる。

【親の因果が子に報い】とかいうけど、そんなこと言ってたらもうきりがないもんね。

【親の因果ぁ???そんなの知ったことか!ボケ!】

って思っときゃいいと思う。

 

フロイトの本はちょっと読んで

【合わん!もう二度と読まん!】

と思ったけど、

アドラーの本は

【著作物を全部読んでみようかな?】

と思ってる俺がいる。

透視する能力でもあれば心理学なんてやらなくてもいいけど、そんな能力ないもんね。

三島由紀夫曰く【心理学は下らん学問】らしいけど、知ってて損はないから、これからアドラーの著作物を少しずつ読んでいこうかな?