中央大学から世界へ!の日記

人間は己の才能を活かし、役割を果たすために生まれてきた。 世界には、きみ以外には誰も歩むことのできない唯一の道がある。その道はどこに行き着くのかと問うてはならない。 ひたすら進め。

子供には絶対にキラキラネームなんて付けたらダメよ!

名付けたものは実体化するから。キラキラネームは明らかにバカが多いからね。名前のせいでイジメとかもあるから。

【いまる】なんてありえんからね。

 

将来、子供ができたら、ちゃんとまともな名前を付けること。そして名前は子供が下の名前で親しみをもって読んでもらえる名がベスト。

宮迫博之って、みんな宮迫って呼んじゃうでしょ?

松本人志も松本って呼んじゃうでしょ?松本はまっちゃんっていう定番の愛称があるからまだましだけど。

杉本貴文も、杉本になっちゃうからね。明石家さんまだったら、みんなさんまさん、さんまちゃんになる。

そして、姓と名の音節もちゃんと考えること。姓と名のリズムもちゃんと考えること。

音節というのは、例えば

三音節 たける、たくや、さとし、さゆり、さくら、

四音節 えいきち、てるあき、たかひろ、ひまわり、

とか。二音節はもうわかるよね。

姓名とのバランスを考える。そして読みやすい字がいい。懲りすぎないこと。また、自分が一番大切にしている想いについて文字を選ぶこと。

健康第一だからって、

森本健一郎、伊集院健一郎とかダメよ。

この名前で健一郎って呼ばれる子はいないからね。単純に呼びにくいから。

斉藤藤子、金子智子、鈴木鈴

みたいのもダメ。バランス悪いから。見た感じもアレでしょ?

原田泰造とか、三叉叉三とかみたいに、同字句続き(俺の造語。何ていうのか知らん)もダメ。

山本義智、筒香義智みたいに、名字みたいな名前もダメ。

とにかく名前は、姓名のバランスとリズム。親しみを込めて下の名で読んでもらえるかどうかが大切。

子供の名前ランキングで上位にあるからって、何も考えずにそのままいただかないこと。

参考までに。