中央大学から世界へ!の日記

人間は己の才能を活かし、役割を果たすために生まれてきた。 世界には、きみ以外には誰も歩むことのできない唯一の道がある。その道はどこに行き着くのかと問うてはならない。 ひたすら進め。

英生女子

 

この言葉を広めよう。

やはり大学のイメージを良くするのは女の子だ。

ソフィアと聞いて男をイメージする人なんていないよね。ほとんどがソフィア女子をイメージする。上智はソフィアという名称のおかげで良いイメージを世間に持ってもらうことができている。

だから、中央大もこの路線でいこうよ。

大学に良いイメージをもってもらうためには、やはり男よりも女だ。

【英生女子】

って、言葉はカッコよく、オシャレで、イメージがいいじゃない。

誰か【英生女子】という小説でもヒットさせて、この言葉を世間に広げてくれ~

慶應ボーイ慶應ガールという言葉は、確か何かの小説がヒットしてできたんだよね。

そして、石原裕次郎とか加山雄三が主演の映画がヒットしてから慶應ボーイ慶應ガールという言葉が社会に浸透したんだよな、確か。 

ワセ女は、ちょっと強引だよね。

早稲田のイメージは、明らかに男だから、イメージ的にあまり良くない。

大学のイメージを華やかにするのは、明らかに女だ。