中央大学から世界へ!の日記

人間は己の才能を活かし、役割を果たすために生まれてきた。 世界には、きみ以外には誰も歩むことのできない唯一の道がある。その道はどこに行き着くのかと問うてはならない。 ひたすら進め。

西武松井稼頭央が今季限り現役引退、近く球団発表へ

 

https://www.nikkansports.com/baseball/news/201809250001047.html

稀代の名選手が引退。
 
常識はずれのプロ野球選手の中でも松井稼頭央の身体能力の高さは群を抜いていた。

イチロー、新庄、糸井レベルか、それ以上かもしれない。

松井稼頭央がメジャーで活躍でかなかったのはバッティングが原因だろう。

彼はスイッチヒッターといっても、元々は右バッターで、プロに入ってから急造のスイッチヒッター

相当な練習を積んだけど、やはり幼少期から左でバットを振り続け、左でボールを打ち続けていないから、どうしても穴が多くなってしまう。そのバッティングの不調が守備や走塁にも影響してしまい、メジャーでは大した成績を残せなかったのだろうと思う。

・右利きのバレーボール選手が左でスパイクを打つ。

・右利きのバスケットボール選手が左でシュートを打つ。

・右投げの選手が左で投げる。

どれだけ難しいかがよく分かるでしょう。

しかも、舞台は世界最高峰のメジャーリーグ

プロとしては決して大きくはない身体で、よくここまでの素晴らしい成績を残したなぁとつくづく思う。

好きな選手でした。

25年間お疲れ様です<(_ _)>

これからは、その知識と経験と技術を後進のために伝授していくんだろうなぁ。