中央大学から世界へ!の日記

人間は己の才能を活かし、役割を果たすために生まれてきた。 世界には、きみ以外には誰も歩むことのできない唯一の道がある。その道はどこに行き着くのかと問うてはならない。 ひたすら進め。

こんなの大学が悪いに決まってる。東京医科大の不正入試問題。

 

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/56954

受験生は全て合格点を取れば合格する。合格点を取れなければ不合格になる。

こう思って受験する。

この誰もが真理と考える共通認識を反故にした大学が悪いに決まってるじゃない。

女子受験生と3浪以上の男子に対して、一律減点措置を施すというなら、その旨を募集要項に記載していればいいだけ。

入試要項に記載してないのに大学側の勝手な都合で選別されたら受験生は気の毒。人生が変わってしまった子も多いだろう。

これは憲法14条1項の法の下の平等に明らかに反する。

これは、集団訴訟を起こすべき案件だね。

西川史子のコメントはおかしい。それに、女子受験生の方が優秀って、模試の結果を見たことあんの?この人。

東大模試のトップ層は、ほとんど男。

不当な差別を行なったと思われても仕方がない。

まあ、どこの大学でも大なり小なりあることだろう。

人生を左右する分野に関しては、グレーゾーンなんてあってはならないこと。

でも、これが人間の人間たる所以でもあるんだよなぁ。

・自分が選別する側の立場、かつ絶対にバレないことが確実で、不正を働けば一生遊んで暮らせる大金が舞い込んでくる。

・自分の子供が大病に犯され、治療するにはどうしても大金が必要。

・自身に莫大な借金がある。

・自身の会社の財政が火の車。

良心と悪魔が入り組んだ心のせめぎあい。

君ならどうするかね?