中央大学から世界へ!の日記

人間は己の才能を活かし、役割を果たすために生まれてきた。 世界には、きみ以外には誰も歩むことのできない唯一の道がある。その道はどこに行き着くのかと問うてはならない。 ひたすら進め。

ユニフォームを統一しなきゃ!

在学生や卒業生が一丸となって、中大の飛躍・発展を心底願うなら、ユニフォームを統一した方がいい。

あらゆるスポーツサークルを見たけど、ユニフォームに統一性がないよね。東大や一橋や京大や上智や立教大一緒で、感覚的に大学カラーを感じることができない。

早慶や明治や法政や青学のように、大学カラーを瞬間的に感じられるようなユニフォームデザインにしないとダメだよ。

一丸とならないと、改革は断行できないでしょ?

独自性というのは、その大学のカラーが放出するわけだから。

過去記事でアイデアは出しまくったから、もうあえて書かないけど。

絶対にユニフォームデザインは統一した方がいい。

ガーネット・ガールズのユニフォームデザインはかっこいいでしょう。

あの子たちは、附属出身で遊び慣れて洗練されているから、かっこいいユニフォームデザインを考えることができる。

だから、附属出身の子たちにユニフォームデザインを頼むってのもいいかも。大学の内実にも通じてるわけだし。

個人的には、やはりイギリスカラーを基調にして欲しいなぁ。