中央大学から世界へ!の日記

人間は己の才能を活かし、役割を果たすために生まれてきた。 世界には、きみ以外には誰も歩むことのできない唯一の道がある。その道はどこに行き着くのかと問うてはならない。 ひたすら進め。

駿河台時代の中央大学は早慶より上だった?

このブログを長いこと書いていて、そう思わざるをえなかった。

司法試験は言うまでもなく上。

国総試験合格者数も上。

公認会計士合格者数もトップだった。

国2の合格者数もトップだった。

三権の長の唯一輩出している大学なんだから、政界での勢力も強かったってことだよね?

当時の在学生の数は2部も含めて約4万人いた。

司会国1国2試験の合格者数でトップを取り続けていて、政界での勢力も強く、これだけの学生数がいれば、それだけ優秀な人材も財界に輩出していたはず。

駿河台時代の中大は、総合力では早慶以上だったんじゃないの?

こう考えるのが自然だよね?

調べてみる価値あるかもよ?

調べてみて事実だったら、

駿河台時代の中央大学早慶より上だった!】

という本を誰か出版してちょ〜♫

駿河台世代が買いまくるだろうな(笑)