中央大学から世界へ!の日記

人間は己の才能を活かし、役割を果たすために生まれてきた。 世界には、きみ以外には誰も歩むことのできない唯一の道がある。その道はどこに行き着くのかと問うてはならない。 ひたすら進め。

大学満足度ランキング

http://bizacademy.nikkei.co.jp/feature/article.aspx?id=MMACz2000003112012

24位か。

せめてTOP10には入らなきゃだね。

まあ、俺のアイデア通りにやれば、入ってくるだろう。

全寮制にすれば友達もいっぱいできるし愛校心は間違いなくアップしまくる。

スポーツも新東京六大学野球リーグを発足させ、アメフトと箱根駅伝の3つが、中央大学の3大スポーツになれば、さらに愛校心がアップしまくる。

後楽園キャンパスも俺が言った通りにすれば効果覿面。
法学部は司法試験合格者数で毎年TOPの結果を出し続けることになる。さらに他学部との合算で他大学を大きく突き放すことができる。

法学部 法医学・法哲学科は、難関医学部志望の受験生の併願先になるから、私立大学法学部最高偏差値を維持し続けることになるだろうからプライドや自信も愛校心に寄与するだろう。もちろん、この学科の入試科目は【外国語 数学(Ⅲまで) 物理 化学】だね。

また、4年間後楽園の文学部にはイケメン、イケ女の芸能人も多い。

さらに、外国語学部 フライトアテンダント エアラインコースは、スタイルの良い美人やかわいい子だらけ。

モデルも今以上に増えるだろうから、カッコいい学生が多い大学ランキング、美人やかわいい女の子が多い大学ランキングにも、もちろん入ってくるからさらに愛校心も増すってもんだ。

ドリームゲート学部という面白みや遊びのある起業系や情報系の学部には、自立心旺盛な学生が日々、切磋琢磨するからキャンパスにも活気が出るしね。

多摩キャンパスを全寮制にすれば、公認会計士合格者数は一瞬にしてトップになり、毎年1位の結果を出し続けることになるから他学部生の愛校心もアップする。

国総(国1)合格者数にしても、法学部と他学部の合算で慶應なんてすぐに追い抜くし、年々早稲田に肉迫し、近いうちに追い越すから、さらに自信が醸成され愛校心も増す。

司会国1試験の合格者数でトップの結果を継続的に出し続ければ、もちろん財界実績もアップするだろうしね。ドリームゲート学部の学生達がどんどん起業してくれて、アグレッシブに活動してくれるのも愛校心に寄与するだろう。

文学部のジャーナリズム専攻と、比較メディア社会学専攻の学生達のマスコミへの就職率もアップするだろうから、中大の良好な情報をどんどん発信してくれるだろう。

社会で働いている中大OB、OGも、母校がトップの結果を出し続ければ、嬉しくて嬉しくて愛校心も増しまくる。さらに、自分も後輩達の頑張りに負けまいと思うだろうから、今まで以上に必死に努力を重ねて、中大の社会実績に寄与することになる。よって、さらに結果(数字)を上乗せできる。ひいてはそれが、さらに愛校心の醸成に寄与し、中大愛を増幅させることにつながる。

医学部もできれば、さらに愛校心がアップするね。

大学のイメージも今とはだいぶプラスの方向に変わるはずだ。

とにもかくにも俺のアイデア通りにやれば、愛校心はアップしまくる。志願者数も社会実績もアップしまくる。良いことだらけだ。