中央大学から世界へ!の日記

人間は己の才能を活かし、役割を果たすために生まれてきた。 世界には、きみ以外には誰も歩むことのできない唯一の道がある。その道はどこに行き着くのかと問うてはならない。 ひたすら進め。

2019-05-17から1日間の記事一覧

約1500億円

・多摩キャンパスに、12000室の寮の建設 ・多摩キャンパスに、理工学部のサイエンス・アミューズメントの建設 ・多摩キャンパスに、中央大学附属初等院・中等院・高等院の建設 ・都心に約4000室の寮の建設 ・後楽園キャンパスの建設 トータルで約1…

英生女子

この言葉を広めよう。 やはり大学のイメージを良くするのは女の子だ。 ソフィアと聞いて男をイメージする人なんていないよね。ほとんどがソフィア女子をイメージする。上智はソフィアという名称のおかげで良いイメージを世間に持ってもらうことができている…

学問のすすめ

名著だからずっと読もうと思ってたけど、やっと読了。 確かに良書。 読んでて一番驚いたことは、本の内容が現在の慶應のイメージと全然違うこと。 学問のすすめの根本原理は、 ・公平・平等・中立。・自由や大義のために闘うこと。・差別しないこと。・社会…

古関裕而 日本の作曲家

【こせき ゆうじ】と読む。Wikipediaで検索しよう。 この人が中央大学応援歌「あゝ中央の若き日に」を作曲したんだね。どおりですごい曲なわけだ。 早稲田大学第一応援歌「紺碧の空」も作曲してる。曲調が似てるもんね。 慶應義塾大学応援歌「我ぞ覇者」は、…